10:00-18:00
毎週水曜日
2021年10月11日
ブログ

所有者不明の自転車を撤去します

賃貸物件の管理でよく問題になっている所有者不明の自転車を撤去します。

乗らなくなった自転車を放置しておくのは粗大ごみを不法に投棄しているのと同じです。

いらない自転車は所有者で処分しましょう!

撤去には時間とお金と労力がかかります。

自転車撤去というと粗大ごみや鉄くずを取り扱っている業者に依頼して処分してもらう

と思っている方がほとんどだと思いますが、そんなに簡単ではありません。

① 賃貸物件の入居者に自転車撤去することを伝える

基本的には賃貸物件の入居者に管理会社指定の駐輪シールを渡して自転車に

貼ってもらい、敷地内の駐輪場にて管理していますが、駐輪シールが貼られていない場合

入居者以外の方が駐輪しているか、自転車を不法に投棄していると認識します。

このような自転車は一定期間を設けて撤去する旨を告知します。

② 処分予定の自転車を一時的にまとめます

撤去の告知後、駐輪シールを貼られていない自転車をまとめて置きます。

③ 警察にて防犯登録番号を確認してもらう

撤去予定の自転車の防犯登録番号を警察にて確認してもらい、所有者の確認及び

盗難届が出されていないか確認します。

④ 業者を手配し撤去

警察の確認が取れて撤去の指示がされましたら、業者を手配して撤去をします。

事前に撤去する旨を入居者に告知することも重要です。※トラブル回避の為

 

撤去する際の費用は残念なことに管理会社や貸主が負担することになります。

『管理費や共益費払っているんだから…』と言われる入居者の方もいるようですが、

管理費や共益費は不法に投棄した自転車等の為の費用ではありません。

今まで自転車を使用して十分にお世話になった大切な所有物ですから、

所有者が責任をもって最後まで処分するのが当たり前ではないでしょうか?

 

また、所有している賃貸物件の駐輪に関することでお困りのオーナー様、

解決のお手伝いが出来ればと思いますので一度ご相談ください。

この記事を書いた人
大宮 典剛 オオミヤ ノリタカ
大宮 典剛
ジブリ【紅の豚】の主人公ポルコロッソに似た体型のゴルフ好きの40代パパ&ジージです。ゴルフでは体の割には飛びません。ですので「飛ばねぇ豚はただの豚だ」です。仕事では体の割にフットワークが軽いので、お部屋探し&ご相談はお任せください。
arrow_upward