10:00-18:00
毎週水曜日
2017年12月16日
ブログ

西葛西駅「鶴岡の観光と物産展」

12月14日・15日と西葛西駅南口で「鶴岡の観光と物産展」が開催されていました。

江戸川区と山形県鶴岡市は友好都市になっていて、西葛西の駅前では定期的にこの物産展が催されています。

販売している商品は鶴岡物産の物ばかり。

お漬物・蒲鉾の揚げ物・玉こんにゃく etc

 

開催される度に多くの人が特産物を買っていく様子が見受けられます。

 

 

なぜ鶴岡市と友好都市になったのか。

太平洋戦争のさなかに戦火を逃れるために江戸川区の学童は家庭を遠く離れ、山形県鶴岡市とその周辺に疎開生活を始めた事が切っ掛けだそうです。

東京に帰って成人してからも鶴岡の豊かな土地柄や温かい人々の心を忘れなかった人たちが、昭和39年の新潟地震の際に支援活動をしたり、鶴岡市内に流れる内川へ鯉や金魚を放流するなど、鶴岡市との交流を始めました。

この友情の輪を区民全体に広げ平和の尊さを語り継ごうと、昭和56年に江戸川区と鶴岡市は、友好都市の盟約を結びました。

現在でも江戸川区と鶴岡市は、区内で開催される多くの催しや行事に鶴岡市民が参加したり区民が鶴岡市を訪問するなど、芸術・文化・産業などさまざまな分野で交流がさかんに行われています。

arrow_upward