10:00-18:00
毎週水曜日
2018年12月14日
ブログ

旧江戸川にある自然島

前回の「子供の広場」に引き続き今回は「妙見島」を地域の情報として紹介したいと思います。

旧江戸川の東葛西と浦安の間にある島(中州)「妙見島」。東京都江戸川区東葛西3丁目の一部になっています。この「妙見島」は 東京23区唯一の自然島になっています。なんだか東京23区内に島とは不思議な感じがしますね。

妙見島の周りは全て壁のようにコンクリート護岸で囲まれています。護岸工事が行われるまでは「流れる島」と呼ばれ、少しずつ移動していたそうです。行き方は浦安橋から島に降りる事ができます。

島の中の建物はほとんどが工場ですが、食堂やホテルといった商業施設も存在します。島の北部には妙見島の由来となった妙見神社があり、島のパワースポットとなっています!

 

 

妙見島について以前「タモリ倶楽部」という番組で紹介されています。興味がある方は是非ご確認下さい。

また、妙見島の分流は魚の絶好の休憩場所になっています。鮎が川を上る時にこの分流で出来た穏やかな流れで体力を回復させここから上流に向かっていきます。妙見島は工業の面だけでなく、自然の面に対しても大切な存在になっています。

arrow_upward