10:00-18:00
毎週水曜日
2020年06月25日
ブログ

羽の付いたアリ見ませんでしたか?

みなさん!

この春(4月~5月下旬)こんな羽の付いた虫を見ませんでしたか?

まさかご自宅で見たという方はいませんよね?

実はこれ………

シロアリなんです!!!

大丈夫ですか?

シロアリは『アリ』ではないんです!正体は……

シロアリは名前に『アリ』と入っていますが、アリの仲間ではないそうです。

では何?と思われる方いると思いますが、正体は

実はゴキブリを先祖としたアリではない昆虫です。

種類も2900種類以上で日本だけでも23種類もいるそうです。

動画のシロアリの死骸は【ヤマトシロアリ】と思われ、

日本では最も被害の多いシロアリです。

バスルームやキッチンの床下に多く見られます

この【ヤマトシロアリ】はとにかく乾燥に弱いので、日の当たる地面では見られず、

湿気の多いバスルームやキッチンの床下で多く見られます。

行動範囲はあまり広くないのですが、より湿気のある場所を探すために、

「蟻道」という道を作り場合によっては、壁の間をとおって上の階や、

天井裏まで被害を及ぼすこともあります。

羽の付いた『アリ』を見つけたら要注意

通常床下などで生息する【ヤマトシロアリ】ですが、唯一地上でみられるのが

4月~5月下旬にかけて羽の付いた『アリ』、羽アリになり飛び立つことがあります。

この羽アリを見つけたらほぼ床下には【ヤマトシロアリ】が生息していたという事が

わかります。

その時にはシロアリ自体は床下にはいないと思いますが、卵などを産みつけられており、

翌年にも同じ状況が発生すると思われます。

万が一それらしき羽アリが見られた場合は早急に駆除業者に依頼することを

オススメいたします。

この記事を書いた人
大宮 典剛 オオミヤ ノリタカ
大宮 典剛
生まれは福岡、育ちは埼玉、仕事で東京→千葉→栃木と転々としましたが、ようやく腰を落ち着けたのがこの江戸川区葛西の地。 成人~中学生までの子供を持つパパ&おじいちゃんとして、江戸川区の子育てに関する事から葛西・西葛西のスーパー事情まで何でも聞いてください。たくさんの情報をお伝えいたします。
arrow_upward