10:00-18:00
毎週水曜日
2018年05月25日
ブログ

夏が来る前にエアコン内部を徹底クリーニング

プロのクリーニングも受けておきたい理由

エアコンは空気を循環させる機械。汚れたままで使用すると、ほこりやカビを部屋中に撒き散らす事になります。これはアレルギー疾患の要因になり、お子様やお年寄りがいる家庭では特に気を付けなければいけません。

フィルターや内部に溜まった汚れは、冷房効率の低下、そして余計な電力消費につながります。省エネの為にもクリーニングは大切です。

 

臭いや不具合を感じてから業者に依頼をする方が多いと思いますが、出来れば年に1回はプロによるクリーニングをお勧めします。

時期は使う頻度高くなるシーズンの前が望ましいです。

家庭で出来る掃除は

ご自身でも定期的にフィルターを清掃しましょう。

毎日8時間エアコンを使う人の場合2週間に1度くらい、使う頻度の少ない人でも1ヶ月に1度くらいと言われています。

 

①掃除機でホコリを吸い取り、食器用洗剤と歯ブラシなどで優しくこすり洗いする。

②シャワー等で流して陰干し、完全に乾燥させる。濡れたままで装着すると新たなカビが発生するので要注意です。

③最後に送風口をアルコール除菌する。

温度差によって起きる結露がカビの原因になるので、使わなくても時々『送風』にして湿気をとばすと良いです。

 

 

予想によると今年の夏は猛暑になるとか・・・

どうやらエアコンが大活躍しそうです。実際に動かしてみたら嫌な臭いがする、効きが悪いなんてならないよう今のうちに準備しておきましょう。

arrow_upward