10:00-18:30
毎週水曜日
2016年10月28日
ブログ

船堀7丁目古アパート再生計画「ほぼ新築さん」⑮

10/7 室内木工事は順調に進んでいます。

 

 

10月に入っても台風が頻繁に発生していました。

さすがに工期は遅れているんだろうなぁと思っていましたが、現場監督さんの適切な人員配置で

ほぼ順調に進んでいるようです。職人さんたちには本当に感謝です。

外壁や屋根などの建物外側の工事も一段落して、並行して進めいていた室内の工事も

だいぶ部屋らしくなってきました。楽しみです。

 

 

 

B棟の101号室の様子です。天上や壁はボードが貼ってあります。

断熱材も壁一面に入れているので部屋の保温性は以前よりもはるかに高くなっています。

 

 

天井もよく見てみると、ボードの裏に何か入っているように見えます。

さすがに剥がしてみることは出来ないので隣の部屋を覗いてみると、

 

 

天井裏にも断熱材が入っています。

通常1階の天井裏には断熱材を入れないことの方が多いのですが、現場監督曰く、

「コストと手間はかかるんだけど、保温性だけでなく2階からの音に関しても多少防音性が上がるから」

との事。本当に施主のこと、住む人のことを一番に考えてくれる工務店さんだなぁ~と感じました。

次回は間取りのご紹介をしたいと思います。

arrow_upward