10:00-18:00
毎週水曜日
2020年09月21日
ブログ

ジャパンラグビートップリーグ所属『クボタスピアーズ』と江戸川区が地域連携協定を締結します。

江戸川区は、ラグビーを通した地域振興の為に、ジャパンラグビートップリーグ所属の

『クボタスピアーズ』と連携協定を結ぶことになったそうです。

なぜ江戸川区と地域連携協定を?

『クボタスピアーズ』はジャパンラグビートップリーグに所属しており、

千葉県船橋市を本拠地にしており、昨シーズンはカップ戦で準優勝をした

国内でも屈指の実力を有するチームです。

その『クボタスピアーズ』が2021年秋に開幕予定の新リーグ参入に向けて、

ホストエリア内の自治体との連携強化を図っています。

江戸川区との地域連携協定は2019年6月に江戸川区陸上競技場にて

ジャパンラグビートップリーグカップ2019の開幕戦が開かれて、

その時行われた試合が『クボタスピアーズ』の試合でした。

当日には所属選手が無料でラグビー体験教室を開催するなど盛り上がったそうです。

その後も体験会を催すなど、江戸川区と交流を深めており、

今回の地域連携協定を結ぶことになったそうです。

またホストスタジアムの一つに江戸川区陸上競技場の活用が想定されいるそうです。

締結式は2020年9月25日(金)13時より江戸川区役所で実施するそうです。

同日の17時からは江戸川区陸上競技場にて南葛西中学校ラグビー部など

中学生を対象にしたラグビー教室が開催されるそうです。

 

ラグビーワールドカップ、ノーサイドゲームなどで身近になってきたラグビーですが

地域連携協定締結によって、より身近なスポーツになっていきそうです。

トップ選手の試合見に行きたいですね!

arrow_upward