10:00-18:00
毎週水曜日
2019年05月24日
ブログ

自転車の傘さし運転は危険です

梅雨の時期が徐々に近づいて、雨降る日が増えてきます。

そうすると増えてくるのが【自転車の傘さし運転】です。

『小雨だから大丈夫』『透明のビニール傘だから』など様々な理由で傘をさして

運転していますが、実は規則で定められている違法運転なんです。

東京都の交通規則や道路交通法でも

傘を差し、物を担ぎ、物を持つ等視野を妨げ、又は安定を失うおそれのある方法で、大型自動二輪車、普通自動二輪車、原動機付自転車又は自転車を運転しないこと。

引用:東京都道路交通規則 第8条3項

となっています。

また道路交通法でも

車両等の運転者は、当該車両等のハンドル、ブレーキその他の装置を確実に操作し、かつ、道路、交通及び当該車両等の状況に応じ、他人に危害を及ぼさないような速度と方法で運転しなければならない。

引用:道路交通法 第70条

にも該当する可能性があるようです。

罰金や運転講習受講をしなければいけない可能性もあるようです。

加害者にも被害者にもなりえる

『見つからなければ…』『捕まらなければ…』ということではなく、

加害者にも被害者にもなりえる可能性があるということです。

どんなに運転の上手な方でも突発的な自然の現象には対処できません。

突風などが吹いてバランスを崩した時に、歩行者や同じ自転車にぶつかって

怪我をさせたり、近くを通った自動車にひっかけられて怪我をする可能性があります。

安全な雨対策は?

やっぱりカッパやレインコートを使用するのが良いと思います。

両手でしっかりとハンドル操作ができるのでバランスを崩す可能性も少ないです。

それでも雨の日は視界が悪かったり、ブレーキが利きにくかったりするので

余裕をもって運転する方が良いと思います。

どうしても自転車を使わなければいけない方もいるとは思いますが、

一番安全なのは雨の日は自転車よりも徒歩や公共交通機関を利用するのが

良いと私は思っています。

 

そういえばTwitterでもつぶやかれていたのですが、レインコートを着たまま

電車に乗る人もいて、そのまま座席にも座ってしまう方がいたようです。

レインコートを着るのは良いのですが……モラルをもって欲しいですね……。

この記事を書いた人
大宮 典剛 オオミヤ ノリタカ
大宮 典剛
生まれは福岡、育ちは埼玉、仕事で東京→千葉→栃木と転々としましたが、ようやく腰を落ち着けたのがこの江戸川区葛西の地。 成人~小学生までの子供を持つパパとして、江戸川区の子育てに関する事から葛西・西葛西のスーパー事情まで何でも聞いてください。たくさんの情報をお伝えいたします。
arrow_upward