10:00-18:00
毎週水曜日
2019年06月02日
ブログ

ハクビシンが出た!かも?

ゴールデンウィークや運動会などの様々な行事がある5月が終わりました。

ウチでは5月の中旬と終わり間近にちょっとした事件がありました。

その事件とは『ウ○コ事件』。

自宅の階段踊り場の同じ場所に大量の…。

見た目からして動物のフンだと分かったのですが、犬や猫ではなさそう…。

ウチの奥さんがインターネットで調べてみると、まさかの「ハクビシンかもしれない…」

ハクビシン!?!?

とりあえず江戸川区保健所生活衛生課の動物管理係(03-3658-3177)に電話しました。

江戸川区でもハクビシンが出没しています。

電話で事情を説明するとハクビシンの可能性が高いとのこと。

都内全域で増加して、家屋等への被害が増えているようです。

今回は捕獲事業の要件に合致するので捕獲ワナを設置に来てくれるとのこと。

ウチの場合は敷地内にフンがあったということが要件だそうです。

 

ちなみにハクビシンとは何ぞや?という方に簡単に説明すると、

東南アジアが原産地のジャコウネコ科で体長は60㎝前後で、そのうち尾が40㎝前後。

雑食性ですが特に甘い果実を好んで食べるようです。他にはペットフードなども。

家(屋根裏等)に住み着いて、夜行性の動物だそうです。

捕獲ワナ設置しました。

動物管理係の方が訪問してくれて、捕獲ワナを設置してくれました。

民間の業者ではないので捕獲ワナの貸し出しということになるようです。

中にドライフルーツを設置するのですが、夜行性なので日中は捕獲ワナは閉めておき、

夕方から朝方まで開けておくそうです。

昼間に開けておくとカラスやその他の動物がかかってしまうことがあるようです。

貸し出し期間は1ヶ月ということですので、様子を見ていきたいと思います。

 

出勤前に踊り場の『ウ○コ事件』はテンション下がりますからね。

 

江戸川区ハクビシン対策事業

この記事を書いた人
大宮 典剛 オオミヤ ノリタカ
大宮 典剛
生まれは福岡、育ちは埼玉、仕事で東京→千葉→栃木と転々としましたが、ようやく腰を落ち着けたのがこの江戸川区葛西の地。 成人~小学生までの子供を持つパパとして、江戸川区の子育てに関する事から葛西・西葛西のスーパー事情まで何でも聞いてください。たくさんの情報をお伝えいたします。
arrow_upward